美白化粧品は種類がたくさんある┃ランキングは信頼できる

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンの効果

化粧品

ビタミンcとの違い

ビタミンCは肌に良いと言われています。最近はビタミンc誘導体を前面に押し出している化粧水なども増えてきましたが、ビタミンcとの違いをハッキリ理解している人は少ないかもしれません。まずビタミンCは抗酸化作用や美白に優れていると言われています。肌にとって必要な成分なのですが、ビタミンCは肌への浸透力が悪いので、表面に付けるだけでは深部にまで浸透しません。肌の深部にまで浸透するように人工的に改良されたものがビタミンc誘導体なのです。ビタミンc誘導体が配合された化粧水を使用すると、その後に使う美容液などの成分も浸透しやすくなります。また抗酸化作用も期待出来るので、シミを防いだりシミを目立たなくするのにも効果的です。

美肌に効果的

ビタミンc誘導体が配合された化粧水が推進される理由はいくつかあります。まずは肌の深部に浸透することです。ビタミンCの場合は壊れすく、肌の深部にまでは行き届きません。従って優れた成分だとしても肌への浸透力が低いため効果を発揮しません。ビタミンc誘導体の場合は人工的に浸透力を高くするように改良されているので、ビタミンc誘導体入りの化粧水を使えば肌にプラスに作用します。新陳代謝も活性化しますので、肌のターンオーバーも促すことができるのです。使用しているうちに肌が若返ります。化粧水や美容液は配合されている成分によって効果が異なります。肌への浸透力を高めたいのならばビタミンc誘導体が配合されているものを選びましょう。